五反田風俗エステ回春性感出張マッサージの痴女

男子たるもの、エッチなことが大好きという方は多い事でしょう。
そうした方が楽しめるようにあらゆるジャンルの風俗店がありますが、実際に働いている女の子たちはどうでしょう?
エッチなことにいくらか興味があるという女の子が大半ですが、中には男性以上にエッチなことに興味津々という女の子もいます。
そうした女の子たちを風俗の世界では「痴女」と呼び、中にはそうした女の子を集めた専門のお店もあるほどです。 そんな「痴女」について紹介します。

そもそも痴女ってどんな女性?

男性によって女性の好みは様々。
可愛らしい子が好きな方もいれば、大人っぽい女性がタイプという方もいるでしょう。
それと同様に性癖だって人それぞれ。
全ての男性の性癖のニーズに合わせるかのように、風俗店にはあらゆるジャンルのお店があります。

そんな中でも気になるのが「痴女」を謳うお店。
辞書に載っている言葉ではないため、どんな意味かもわかりませんし、「痴漢」と勘違いする人もいるかもしれません。
そもそも痴女とはいったいどういう意味でしょう?

「痴」という言葉を辞書で引くと、「頭の働きがにぶい。思慮分別が足りない。ぬけている。
おろかな様子(例:愚痴、痴人、音痴など)」「物事に執着して夢中になる様子(例:書痴)」という2つの意味があります。
これに「女」の文字を足すと「痴女=ぬけている・愚かな女性」と考えられますが…実際の意味は大きく違います。

主にAVや風俗の世界で使われる「痴女」の意味はズバリ「性に対して積極的な女性」のこと。
多くの女性はエッチな行為をする時、男性にリードしてもらって、自分は恥ずかしがりながらも従うという受け身になってしまうことのほうが多いとされていますが、中にはエッチな行為自体が大好きで、「自分から積極的にリードしたい」と思う女性もいます。
そんな女性を表す表現として痴女という言葉が使われています。

痴女モノのAVを見たことがある方は何となくわかるかもしれませんが、彼女たちは男性に責められるというよりも、自ら積極的に男性を責めているシーンがほとんど。
いわゆるS女ともいうべき女優さんがMな性癖を持つ男優さんを責めるというプレイ内容となっています。

「AVの世界ではよくある話だけど、実際にそんな女の子はいないんじゃない?」と思う方もいるでしょうが、実は風俗の世界でも痴女と呼ばれるタイプの女の子たちが意外と多いんです。
さらに女性を責めるのではなく、責められてみたいというちょっぴりMな性癖を持つお客様のニーズに合わせて、最近は痴女をメインにしたお店も増えてきているんです。

そもそも、風俗のお店で働こうと思う女の子は普通の女の子よりもエッチなことに興味のある女の子が多いので、実際に遊んでみると満足度が高かったというお客様がほとんどです。

痴女な女性のプレイってどんな感じ?

プライベートでエッチをする時、ほとんどの場合は男性が責め、女の子は受け身であることがほとんどでしょう。
長らく日本ではそうした風潮があったため、風俗の世界でもそうしたお店が多く、一般的なヘルス店では痴女を推しているお店はあまりありませんでした。

しかし、女の子を責めるのではなく責められたいと考える男性も多いのも事実。
いわゆるMな性癖を持つ男性にとっては風俗のお店は自分のニーズに合わないお店ばかりでしたが、近年は痴女を売りにしたお店も増加し、Mな男性の方々も楽しめるようになってきました。

一般的には男性が女の子を責めていますが、痴女を推しているお店はその反対。
一体どんなサービスをするのかが気になりますが…実際のところ、普通のお店とは少々異なるところが出てきます。

まず決定的に違うのが、プレイをする時の主導権。
一般的なヘルス店の場合は男性がリードして、女の子を責めます。
女の子は男性の全身をリップしたりペニスをフェラしたりというご奉仕プレイもありますが、大半は男性に責められることがほとんどです。

しかし、痴女を売りにするお店の場合、プレイの主導権を握るのは男性ではなく、女の子。
女の子の方が男性を積極的に責めてきます。

これまでは男性が女の子の身体を好きにイジったり、おもちゃを使って責めたりという形でしたが、痴女の場合は真逆。
男性の全身を積極的にリップしたり、敏感な性感帯を積極的にイジったり、さらにおもちゃを使って男性を責めてきます。
その様子は男性へのご奉仕というよりも「私がしたいエッチなことをする」という雰囲気。
むしろご奉仕は男性側が女の子にすることがほとんどです。

主導権を握る女の子たちのほとんどはこうしたプレイにノリノリ。
もともとSっ気の強い女の子や「エッチなことに興味津々」といった女の子たちが多いので、普段あまりすることがない「男性を責める」という行為に対しても積極的。
今までやってみたいと思っていたことをできるとあって、楽しみながら責めてくれるでしょう。

…と、ここまでを読むとなんだかSMクラブの女王様のような印象を持つかもしれませんが、実際のところ痴女は似て非なるもの。
男性が嫌がるプレイや汚いプレイはほとんどないと言えます。
「痛いのは嫌だけど、女の子にいじめられてみたい」と考える、ちょっぴりMっ気のある男性からしたらまさに夢のようなプレイが出来るお店と言えるでしょう。

どんな女性が痴女なの?

ここまで読んでみて、実際に「痴女な女の子と遊んでみたい!」と思う方もいるでしょう。
でもそうした女の子はどんなお店で働いているかがわからないことでしょう。

風俗の世界で痴女をメインとしているお店の代表格と言われるのがM性感とされるお店。
女の子のほとんどはいわゆる痴女なので、Mな男性が望むようなプレイが期待できると言えます。

しかし、「痴女と言われる女の子はどんな特徴があるの?」と言われると、わからない方も多いでしょう。
痴女というジャンルに一般的な定義が特にないので、一概にどんな女の子が痴女と言われるかは明確な定義はありません。
しかし、痴女を謳うお店で人気のある女の子たちにはいくつか共通するポイントがありました。

痴女な女性に多い特徴その1 スタイルのいい女の子が多い

風俗で働く女の子のタイプは実に様々。
見た目よりも可愛らしく見えるロリ顔の女の子もいますし、豊満なバストが目立つグラマーなタイプの子もいます。

痴女と言われる女の子にもいろんなタイプがいますが、大半の女の子当てはまるのがスタイルのいい女の子が多いこと。
一般的な風俗店で働く女の子よりも身長が5~10cm近く高い女の子が多く、まるでレースクィーンやファッションモデルのようにスラッとしている子が目立ちます。

あくまで傾向であり、明確な理由がないので何とも言えませんが、Mな男性の深層心理にある「女性に見下されたい」という思いにリンクしているのかもしれませんね。

痴女な女性に多い特徴その2 面倒見がいい性格

デートやちょっとしたお買い物など、一般的に女性は男性にリードされることが多いもの。
しかし、男性をリードしたいと思っている痴女な女の子はどちらかというとサバサバした性格の子が多いのも特徴。
彼女たちはプライベートでも決断力があるようで、デートで行きたいところを指定したり、レストランでメニューを選ぶ時もあまり迷わないと話していたりします。

しかし、そんな痴女な彼女たちは普段はサバサバしているもののいざプレイとなると、きめ細やかな対応が目立ちます。
Mな男性だからといって、何をしてもいいわけではないということを心得ている女の子が多く、男性がちょっと嫌がっていたり、苦しい表情を見せたりするとスパッとそのプレイを中断し、男性のケアに努めてくれます。

そんな「アメとムチ」をうまく使い分け、時折見せるギャップにハマってしまうという男性の方も多い事でしょう。

痴女な女性に多い特徴その3 エッチなことに興味がある

風俗で働こうという思いがあるのだから、女の子たちは少なからずエッチなことに興味を持っていますが、痴女と呼ばれる女の子たちは特にこの傾向が強め。

中にはプライベートでも積極的にAVを見てお店でのプレイの参考にしているという女の子も。
こうした向上心の高い女の子とのプレイは盛り上がること間違いなしです。

最後に

AVの世界にしかいないように思えた痴女。
普段はなかなか出会うことがありませんが、風俗店であればこうした女の子と遊ぶことが可能です。
「女の子にいじめられてみたい」という方は痴女のいるお店を探してみるのもいいかもしれませんよ。

痴女好きにオススメの書籍

痴女の誕生 著:安田 理央

痴女の誕生

アダルトメディアの歴史を解き明かし、セックスと社会と痴女について考察されている必読書です。 痴女誕生の背景を知ることで、より痴女を好きになることができます。

【PR】極上の興奮と癒しを堪能できるオススメの回春性感風俗エステ
五反田風俗エステ回春性感出張マッサージ「エステdeシンデレラ」